地震に負けないエンジニアリング講座 耐震設計と地震リスク

ホーム > 地震リスクと地震リスクマネジメント > 3-4 連載講座:災害リスクの定量化と可視化 -リスクを定量化する...

エンジニアリング講座3

地震リスクと地震リスクマネジメント

地震リスクと地震リスクマネジメント

地震リスク/Seismic Riskは、地震の発生確率とその時の被害規模によって定義される工学的リスク量である。地震リスクは、地震被害を損害額または停止日数など具体的に評価/分析するもので、既に多くの分野に応用されている。
ただし、地震リスクは多くの要素技術(震源/伝播/増幅,応答と構造物被害、耐震技術、etc.)を含み、特に、地震ハザード情報を含んだ一貫構造解析と耐震工学/防災工学上の最先端の知識を必要とする。本エンジニアリング講座では、地震リスク解析とリスクマネジメントに大別して、それぞれの解説記事と学術論文を公表するものである。

3-4 連載講座:
災害リスクの定量化と可視化 -リスクを定量化するプロフェッショナルの提言-

篠塚研究所 中村孝明,

製造業の地震防災を担うBCPと地震リスクマネジメント
篠塚研究所 中村孝明

ドキュメント

【3-4 連載講座:災害リスクの定量化と可視化 -リスクを定量化するプロフェッショナルの提言-】

Copyright(C)2010 Hiromichi Yoshikawa All rights reserved. 東京都市大学