耐震設計と地震リスク

ホーム > Professor's Room > 出版図書の紹介

Professor's Room 研究論文/メディア発信/紹介記事

  • 研究論文/メディア発信/紹介記事
  • 主要コンテンツの紹介
  • 吉川教授出版図書紹介
吉川教授出版図書紹介

画像をクリックすると拡大して表示されます。

  • Handbook of seismic risk analysis and management of civil infrastructure systems

Handbook of seismic risk analysis and management of civil infrastructure systems

Cahper27 Seismic risk and possible maximum loss (PML) analysis of reinforced concrete structures

Hiromichi Yoshikawa, Tokyo City University, Japan
Woodhead Publishing

  • 都市の地震防災
  • 都市の地震防災

都市の地震防災 -地震・耐震・津波・減災を学ぶ-

フォーラムエイトパブリッシング

都市防災技術を網羅し、豊富な写真・図解でわかりやすく解説。地震工学、耐震工学、津波工学、関連する都市防災など、初学者・エンジニアを対象とした俯瞰的な教科書・手引書

鉄筋コンクリート構造物の耐震設計と地震リスク解析

鉄筋コンクリート構造物の耐震設計と地震リスク解析

丸善株式会社

鉄筋コンクリート構造物を対象として、耐震設計に必要となる基本技術、性能設計法、地震リスクを解説。耐震工学は多くの技術要素から成り立つが、豊富な図面・表、実際の震災例や構造実験、模型の写真を用いることによりわかりやすく解説。また、多くの数値シミュレーション例により耐震解析の実際を示すとともに性能設計法に準拠する示方書/ガイドラインの要点を明解にまとめています。

数値シミュレーションで考える構造解析―ソフトで学ぶ非線形解析と応答解析

数値シミュレーションで考える構造解析―ソフトで学ぶ非線形解析と応答解析

建通新聞社

構造解析での商用ソフトの普及は目覚しく、設計コンサルタントや建設企業などでの活用が進んでいます。本書は、こうした解析環境を踏まえ、解析ソフトを使った解析事例とシミュレーションを示しながら、構造解析のポイントを学べる入門書です。

鉄筋コンクリートの設計―限界状態設計法と許容応力度設計法

鉄筋コンクリートの設計―限界状態設計法と許容応力度設計法

丸善株式会社

鉄筋コンクリートの限界状態設計法の基礎を学ぶための教科書。

鉄筋コンクリートの解析と設計―限界状態設計法と性能設計法

鉄筋コンクリートの解析と設計―限界状態設計法と性能設計法

丸善株式会社

限界状態設計法に基づき、鉄筋コンクリートの終局限界を中心に、使用限界・疲労限界の解析、設計法をわかりやすく解説。

  • 土木練習帳―コンクリート工学
  • 土木練習帳―コンクリート工学

土木練習帳―コンクリート工学

共立出版株式会社

大学課程のコンクリート工学を対象とした、役に立つ問題、理解するための問題158問を作成精選してまとめた、大学・高専の学生や資格試験を目指すエンジニアを対象とする問題集。

詳しくは、Amazonにて検索/閲覧ください。
Amazonの書籍一覧へ

ホームにもどる
Copyright(C)2010 Hiromichi Yoshikawa All rights reserved. 東京都市大学